닫기
旅行規約

旅行規約

第1条(目的)

この規約は、一つツアーITCと旅行者が締結した旅行契約の詳細履行と遵守事項を定めることを目的としています。

第2条(旅行業者と旅行者の義務)

①旅行業者、旅行者に安全で満足のいく旅行サービスを提供するために旅行斡旋とガイド•輸送•宿泊などの旅行計画の策定と実行の過程で、任務を忠実に遂行しなければならない。
②旅行者は、安全で楽しい旅行のために旅行者間の和合図ると旅行業者の旅行秩序の維持に積極的に協力しなければします。

第3条(旅行の種類と定義)旅行の種類と定義は次のとおりです。

1.希望の旅行:旅行者が希望する旅行条件に応じて旅行業者実施する旅。
2.一般的な募集の旅行:旅行業者樹立した旅行条件に基づいて旅行者を募集して実施する旅。
3.委託募集旅行:旅行業が作成した募集の旅行商品の旅行者募集を他の旅行業者に委託して実施する旅。

第4条(契約の構成)

①旅行契約は、旅行契約(添付)と旅行規約•旅行日程表(または旅行ガイド)を契約内容にします。
②旅行日程表(または旅行ガイド)には、日程別旅行と観光情報•輸送•ショッピング回数•宿泊場所•食事などの旅行実施日程及び旅行代理店のサービス内容や旅行者に注意事項が含まれます。

第5条(特約)

旅行業者と旅行者は関係法規に違反しない範囲内で、書面で特約を結ぶことができます。この場合、標準的な条件および相違を旅行業者の旅行者に説明しなければします。

第6条(契約書や約款等交付)

旅行業は旅行者と旅行契約を締結した場合、契約書と旅行規約、旅行日程表(または旅行ガイド)を各1部ずつ、旅行者に交付しなければならない。

第7条(契約書や約款等交付みなさ)

次の各号の場合には、旅行業者、旅行者に旅行契約と旅行規約と旅行日程表(または旅行ガイド)が交付されたものとみなされます。
1.旅行者がインターネットなどの電子情報網で提供された旅行契約、契約旅行日程表(または旅行ガイド)の内容に同意して旅行契約の締結を申請したことについて、旅行業が電子情報網から機械的装置などを利用して、旅行者に承諾の医師を通知した場合、
2旅行業者ファクシミリなどの機械的装置を用いて提供された旅行契約、契約旅行日程表(または旅行ガイド)の内容についての旅行者が同意して旅行契約の締結を申請する書面を送付したことについて旅行業者電子情報網から機械的装置などを利用して、旅行者に承諾の意思を通知した場合

第8条(旅行業者の責任)

①旅行業者の旅行出発時から到着までの旅行業者本人またはその従業員、地元の旅行業者やその従業員等(以下「使用である」とする)が第2条第1項に規定された旅行業者の任務に関連して、旅行者に故意または過失で損害を加えた場合の責任を負います。
②旅行業者航空機、列車、船舶などの交通機関のヨンバルチャクまたは交通渋滞等により旅行者が被った損害を賠償しなければします。ただし旅行業者故意または過失がないことを証明したときはその限りではあります。
③旅行業者の旅行者の手荷物受領•インドの•保管等についての注意を払う必要があり、旅行業者の過失で旅行者の荷物が滅失、毀損された場合に発生した損害を賠償しなければします。

第9条(最低行使人員米満たす契約解除)

①旅行業者の最低イベントの人員が満たされていないし、旅行契約を解除する場合の日帰り旅行の場合旅行出発の24時間前までに、1泊2日以上の場合には、旅行出発の48時間前までに、旅行者に通知しなければならない。
②旅行業者の旅行の参加者数の不足で、前項の期日内に通知をせずに契約を解除する場合、既に支給された契約金の還付のほか、契約金50%相当額を旅行者に賠償しなければします。

第10条(契約締結拒絶)

旅行業は、旅行者に次の各号の1に該当する事由がある場合には、旅行者との契約締結を拒絶することができます。
1.他の旅行者に迷惑をかけたり、旅行の円滑な実施に支障があると認められるとき
2.病気その他の事由により旅行が難しいと認められるとき
3.契約書に明示した最大のイベントの人員を超えたとき

第11条(運賃)

①基本料金には、次の各号含まれます。ただし、希望の旅行は、当事者間の合意に従ってください。
1.航空機、船舶、鉄道などの利用運送機関の運賃(普通運賃基準)
2.空港、駅、埠頭とホテルの間など送迎バス料金
3.宿泊料金と食事料金
4.案内人経費
5.旅行中に必要な各種の税金
6.国内空港•港湾利用料
7.日程内の観光地の入場料
8その他の個別契約に伴う費用
②旅行者は、契約締結時に契約金(旅行料金の10%以下の量)を旅行業者に支払わなければならず、契約金は旅行料金または損害賠償額の全部又は一部として扱われます。
③旅行者は、第1項の旅行料金の契約金を除いた残金を旅行出発の前日までの旅行業者に支払わなければならない。
④旅行者は、第1項の旅行料金を旅行業者が指定する方法(カード決済、海外送金、国内口座振替など)で支払わなければならない。
⑤希望の旅行料金に旅行者保険料が含まれている場合、旅行業者、保険会社名、補償内容等を旅行者に説明しなければします。

第12条(旅行条件の変更要件と料金などの精算)

①上記第1条から第11条の旅行条件は、次の各号の1の場合に限り、変更することがあります。
1.旅行者の安全と保護のために旅行者の要求または現地事情によりやむを得ないとの双方が合意した場合、
2天災、戦乱、政府の命令、運送•宿泊機関等のストライキ•休業などで旅の目的を達成するためにできない場合
②第1項の旅行条件の変更により、第11条第1項の旅行料金に増減が生じる場合には、旅行出発前の変更の方は旅行出発前に、旅行中に変更の方は旅行終了後10日以内に、それぞれ精算(還付)が必要です。
③第1項の規定によらず旅行条件が変更されたり、第13条又は第14条の規定による契約の解除•解約により損害賠償額が発生した場合には、旅行出発前に発生分は、旅行出発前に、旅行中に発生分は旅行終了後10日以内に、それぞれ精算(還付)が必要です。
④旅行者は、旅行出発後、自分の都合で宿泊、食事、観光などの旅行料金に含まれているサービスを提供していられない場合の旅行業者にそれに相当する料金の払い戻しを請求することができません。ただし、旅行が途中で終了した場合には、第14条に準じて処理します。

第13条(旅行出発前の契約解除)

①旅行業者や旅行者は、旅行出発前に旅行契約を解除することができます。この場合に発生する損害額は「消費者被害補償規定」(財政経済部告示)に基づいて賠償します。
②旅行業者や旅行者は、旅行出発前に、次の各号の1に該当する事由がある場合に、相手に第1項の損害賠償額を支給せず、この旅行契約を解除することができます。
1.旅行業者解除することができる場合
が。第12条第1項第1号及び第2号の事由の場合
や。旅行者が他の旅行者に迷惑をかけたり、旅行の円滑な実施に著しい支障があると認められるとき
である。病気などの旅行者の身体に異常が発生し、旅行への参加が不可能な場合
なさい。旅行者が契約書に記載された期日までに旅行料金を支払わない場合、
2の旅行者が解除することができる場合
が。第12条第1項第1号及び第2号の事由の場合
や。旅行者の3親等以内の親族が死亡した場合
である。病気などの旅行者の身体に異常が発生し、旅行への参加が不可能な場合
なさい。配偶者または直系尊卑属が身体以上に3日以上の病院(医院)に入院して旅行出発時まで退院が困難な場合は、その配偶者または保護者1人
で。旅行業者の責に帰すべき事由に契約書に記載された旅行日程通りの旅行実施が不可能になった場合、

第14条(旅行出発後解約)

①旅行業者や旅行者は、旅行出発後やむを得ない事由がある場合は、この契約を解約することができます。ただし、これにより相手方が被った損害を賠償しなければします。
②第1項の規定により契約が解除された場合、旅行業は旅行者が帰宅するのに必要事項を調整しなければならず、これに必要な費用として旅行業者の責に帰すべき事由によらないこと旅行者が負担します。

第15条(旅行の開始と終了)

旅の始まりは、出発時点から始まり、旅行日程が終了し、最終目的地に到着すると同時に終了します。ただし、契約、およびスケジュールを変更するときは、この限りでないます。

第16条(説明義務)

旅行業者は、この規約に定められている重要な内容とその変更を旅行者が理解できるように説明しなければならない。

第17条(保険加入など)

旅行業は旅行に関連して、旅行者に損害が発生した場合は、旅行者に保険金を支給するための保険や共済に加入したり、営業保証金を預けなければします。

第18条(その他の事項)

①この契約に明示されない事項、またはこの契約の解釈について争いがある場合には、旅行業者と旅行者が合意して決定するが、合意がなされない場合には、関係法令および一般慣例に従います。
②特殊な地域への旅行として、正当な事由がある場合には、利用規約の内容と異なって設定できます。

必ずチェックしておいてください。
予約申し込み予約待ち状態であり、カウンセラーが可能かどうかと料金を再確認した後、ご連絡致します。
予約確定後、米入金時に自動的にキャンセルされます。

キャンセル規定

予約をキャンセルする場合は、一定の手数料が差し引かれた後の払い戻しされます。

*ツアーとチケット
- 3日前のキャンセル:全額の30%控除後の払い戻し
- 2日前のキャンセル:全額の50%控除後の払い戻し
-前日〜当日のキャンセル:返金なし

* DLXツアー
- 5日前のキャンセル:頭金全額返金
- 4日前〜2日前のキャンセル:全額の10%控除後の払い戻し
- 1日前〜当日のキャンセル:全額の30%控除後の払い戻し

*医療観光
- 7日前のキャンセル:頭金全額返金
- 6日前〜3日前のキャンセル:全額の10%控除後の払い戻し
- 1日前〜当日のキャンセル:返金なし

※ただし、ご利用のプロバイダ(ホテルなど)に応じて手数料規定が異なる場合があるから、変動/キャンセルの際に必ず担当者を介してご確認ください。
※返品・スケジュールの変更は、業務時間外に受付ができませんので、営業時間に限り適用する必要があります。

-営業時間:平日(月〜金)09:00〜18:00
-土曜日、日曜日、韓国内祝日は前日不可。
-上記の営業時間は、KST(UTC + 9)に基づいています。